チオグリコール酸カルシウムは危険!顔に使わないで下さい

チオグリコール酸カルシウムは危険な成分!顔に使いたくない?

危険

チオグリコール酸カルシウムを顔に使うのは非常に危険です。

危険と言っても肌が荒れるとか、ただれるとかそういったものではありません。

 

肌に対しての問題が一番心配されるところなのですが
その危険よりももっと危険なことが起こる可能性があるのです。

 

危険な成分はチオグリコール酸
これは除毛剤に使われている主成分です。
毛のタンパク質を溶かす働きをします。

 

タンパク質を分解すると言うことですから
もちろん皮膚にも影響がある。

 

身体の中に取り込まれると一番厄介なんです。

 

 

チオグリコール酸カルシウムを使ってどんな危険があるの?

チオグリコール酸を首から上に使い
誤って口から、目から体内へ取り込んでしまうと
いろいろな症状が現れることがわかっています。

 

公益財団法人 日本中毒情報センターからの報告です

 

その症状は

口から取り込んだ場合
悪心、嘔吐、口腔・咽頭粘膜のびらん、腹部不快感、下痢
などの症状を起こすことがあります。

 

また
動物実験で、中枢神経抑制、痙攣、麻痺、低血糖(摂取 4〜6 時間後)
がみられたとのこと。

 

目から取り込んでしまう
つまり目に入った場合
結膜刺激、アレルギー性皮膚炎
が起きる可能性があるのです。

 

結膜刺激は避けたいところです。

 

髭の除毛に非常に便利だと言って
チオグリコール酸が入っている除毛剤を使ってしまう
口の周りの産毛をとか首から上の産毛を除毛しようなどというのは

 

本当に危険です!

 

口に入り、目に入る恐れがあるからです。

 

目に入ってしまった、口に入ってしまった場合はどうすれば良いの?

チオグリコール酸を使った除毛剤がもし誤って
目に入ったり口に入ったりしてしまったときはどのように対処すれば良いのでしょうか?

 

こちらも公益財団法人 日本中毒情報センターの情報ですが

ご家庭で誤って口にしてしまった場合は
牛乳を120ml〜240ml、卵白を飲むと良いそうです。
タンパク質を分解する成分がチオグリコール酸ですから
タンパク質を入れると良いということなのでしょう。

 

目に入ってしまった場合は
こすってはいけません!
こすらず、すぐに水圧の低い流水で10分以上洗浄することをオススメしています。

 

もちろんご家庭での処置に済ませず
お医者さんの受診は必ずして下さいね。

 

こちらはお子さんがいるご家庭で除毛剤を使っている場合は覚えておいた方が良いかもしれませんね。
お子さんが誤ってチオグリコール酸カルシウムを顔に拭きかけてしまったとかそういうときの対処に有効です。

 

チオグリコール酸を使っていない安心のムダ毛処理クリーム

ヒゲや産毛があったらやっぱりカミソリで剃るのではなく
除毛剤でムダ毛を処理した方が綺麗になる。

 

でも、普通の除毛剤は使えない

 

そういうときはオススメの商品があります。
危険な成分チオグリコール酸を使用していない

 

そして

 

首から上のムダ毛処理用として開発された商品があります。

 

それは
顔用のムダ毛専用クリーム NOISU

おすすめ,ランキング

 

成分には自然由来
パパイン酵素を使っています。
これはパパイヤから取れた酵素です。
そして、他にも抑毛成分として女性ホルモンと類似している
Wイソフラボンを配合。

 

普通の除毛剤よりかは効果が出るまでに時間がかかりますが
それでもしっかりと髭や産毛の除毛ができるんです。

 

NOISUは自信があるので
無期限全額返金保証付き

 

もし効果が現れなかったら返金を受け付けてくれるのです。

 

安心して顔の除毛を試してみませんか?

 

,おすすめ,ランキング

 

 

それぞれの部位に合った商品を選びたいものです。
顔のムダ毛用クリーム NOISUをオススメしていますので
参考にしてみて下さい。
⇒【除毛剤】顔に使えるオススメランキング

page top